This is the "JCR: Journal Citation Reports" page of the "インパクトファクターの調べ方" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

インパクトファクターの調べ方   Tags: esi, jcr, インパクトファクター  

最終更新日: Jul 28, 2016 URL: http://shimaneuniv.libguides.com/jcr_esi ガイドを印刷する RSSの更新

JCR: Journal Citation Reports ページを印刷する
  検索: 
 
 

JCR (Journal Citation Reports)

Journal Citation Reports

トムソン・ロイター社の自然科学・社会科学の雑誌についてその重要度を評価するためのデータベース。
URL:https://jcr.incites.thomsonreuters.com/
 

インパクトファクターの調べ方

トムソン・ロイター社が公開しているクイックレファレンスガイド(PDF)です。
URL:http://ip-science.thomsonreuters.jp/media/support/jcr/ImpactFactor_QRC.pdf

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようですので、こちらから直接ダウンロードしてください。

 

5-Year Impact Factor (5年インパクトファクター)

インパクトファクターが過去2年間の被引用回数から算出されるのに対し、5年インパクトファクターは過去5年間の被引用数から算出されます。
例えば、UROLOGY & NEPHROLOGYの様に、比較的時間がかかって引用される分野の場合、影響度は5年インパクトファクターで見る必要があるかもしれません。

具体的には、 年の雑誌Aの5年インパクトファクターは、

で計算されます。

 

Eigen Factor (アイゲンファクター)

インパクトファクターでは、どの雑誌からの引用回数も等しく計算されます。
これに対して、NatureやCellなどの被引用数が多いタイトルから引用された回数を高く評価し、トムソン・ロイター社が独自に算出したのがEigen Factorです。

 

Cited Half Life (被引用半減期)

Cited Half Life は、雑誌に掲載された論文が、どれだけ長く引用され続けるかを見るための指標です。
この数値が大きいほど出版されてからも長く引用される傾向にあるといえます。

例えば2013年のCited Half Life は、2013年に雑誌Aが引用された総数(総被引用数)のうちの半数が、雑誌Aの新しい巻から遡って過去何年間に出版された巻によって占められているかで算出されます。

 

利用ガイド

トムソン・ロイター社が公開している利用ガイドです。
URL: http://ip-science.thomsonreuters.jp/media/support/jcr/UserGuide_JCR.pdf

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようですので、こちらから直接ダウンロードしてください。

説明

Loading  処理中...

Tip